未分類

絵を描く時に使っているモノ

スポンサーリンク

イラストを完成させたので、前回同様Tumblrに投稿しておきました。
興味のある方は見てもらえると嬉しいです。

今回は私が絵を描く時に使っている道具を紹介しようかなと思います。
かれこれ20年は好きで描いているので、
プロじゃ無くても好みやこだわりをそこそこ持っています。

趣味程度に絵を描いている人、
これから絵を描いてみようかなと思っている人の参考になれば良いなと思います。

使っているモノ(作業環境)

使っているモノは以下の通り。
まずはデジタル↓

①デジタル作業の場合


・iPad(第六世代)
・Apple Pencil(第一世代)
・iCleverのテンキー(Bluetooth機能付き)
・Clip Studio(EX版)
※以下クリスタと略します。

デジタル作画に移って1年半経ちましたが、
今のところソフトはクリスタで満足しています。

最初は無料で使えるメディバンを使っていましたが、
ホームを開く度に広告や動画が出てくるのが嫌で、
iPadだけでも使えるクリスタを選びました。
ただパソコン版と違って買い切りが無いのが残念です…。
こえつ

もともと漫画を描く方が得意だったので、
漫画を描くのに特化したEX版を選んでいます。
(でも最近はイラストばかり描いてるから、Pro版に変えようかなぁ…。)

お次はアナログ↓

②アナログ作業の場合


・uni-ballのシグノ(黒、太さ0・38ミリ)
・三菱鉛筆(2H〜3Bまで色々)
・無印良品の、裏写りしにくい再生紙ノート
・コピー用紙

とくにオススメしたいのが、uniのシグノ0・38というペン!

毎日これで絵のラフを描くだけで無く、文字も書いてます。
そのくらいお気に入りの書き心地なんです。

文字びっしり… ちなみにノートは無印良品のもの。

無印良品のノートは、破れにくい他に
5冊組で199円(税込)という破格の安さで愛用してます。

2ヶ月に一冊は消費するので、安いのが一番!(笑)

鉛筆はスケッチしたり、アタリを描いたりする時に使います。
最近は2Hなどの薄い芯のモノを好むようになりました。

もともとコピックやカラーインクを使っていましたが、
はみ出したり、乾くのを待てず色を混じらせてしまう事が多かったので
下書き以外はデジタルに移行しました。
せっかちなので…ね(苦笑)
こえつ

絵を描く過程(私の場合)

基本は、下絵をアナログで描いて
それをスマホで撮影してiPadに送った後、クリスタを使ってデジタル作画する。
(アナログ→デジタル)
というのが自分にとって一番やりやすい方法です。

下絵は毎回こんな感じ

アナログの過程を飛ばして、
下絵も全部デジタルで行えたら楽ちんなんでしょうが…
私の場合、その方法だと全体のバランスが悪くなる事が多いんですよね(とくに漫画は)。

それに、デジタル画面から描こうとすると
なんだか身構えちゃって上手く描けない

紙と鉛筆だと個人的に安心するのかもしれないです。

その他

デッサン人形を1体は持っておく方が良いと思います。
漫画描く時には、はちゃめちゃに『ボディ君』を使いまくりました。
おかげで片腕がもげましたが。

キャラクターの可動フィギュアも良いですが、背中の筋肉や耳なんかが服や髪の毛で見えにくい場合もあるので、素っ裸(?)の状態のモノの方が私は好きです。

 

それと、苦手なパーツを描くときは
描いてて興奮できるぐらいにその部分を好きになってみて下さい

『好きこそものの上手なれ』と言われる通り
ここのラインめっちゃ好きだ!最高!
と思えるようになれれば、上達は早いと思います。

以上、私が絵を描く時に使っているモノの紹介でした。

ここまで読んでくださりありがとうございます。

スポンサーリンク

-未分類
-, ,

© 2022 こえつblog Powered by AFFINGER5