相続

【印鑑登録証明書】相続で用意するもの②

2020年10月8日

スポンサーリンク

 

今回は印鑑登録証明書のお話です。
一言で説明すると“実印の証明書”。


『脱はんこ』を掲げる世の中ですが、
この証明書の廃止は難しいと思います。

まだまだ使う機会はありそうなので、
今必要のない人でも予備知識として知っておいて損はないでしょう。

 

では早速いきましょう。

 

そのハンコが本物であることを証明する

 

相続では何度もハンコを押しますが、
そのほとんどが実印で押すことになります。

 

実印は

一人につき一個しか登録できない貴重なハンコ
基本は【フルネーム】や【難しい書体】で作ります


印鑑登録証明書とは、
このハンコは本物(実印)ですよ!
と証明する小さな用紙になります。

こえつ
水戸黄門の印籠みたいだな。

 

住む自治体にもよりますが、
1通発行するのに300円かかります。
有効期限は発行日から3ヶ月。短い。

本籍地でしか発行出来ない戸籍謄本とは違い、
自分の住んでいる市区町村の役所でなら、どこでも発行できます。

こえつ
住んでいる自治体が対応していれば、
コンビニで発行することも出来るみたいですね。

 

事前準備①(実印用ハンコを準備しよう)


実印は相続に必ず必要なハンコです。

相続をする機会は誰にでもあるので、先に作っておけば安心です。
しかし、実印を作る時は
きちんとしたハンコ屋さんに頼みましょう。

 

こえつ
なぜなら、
すでに印鑑登録がされているハンコは
実印として認められない
のです。


同姓同名の人がいたとしても、その人とは
全く同じ大きさ、書体を選ぶことは出来ない。

 

つまり、この世に同じものはない
世界にたった一つのハンコ、それが実印…

…なんてカッコつけて書いてみましたが、
要は早い者勝ちです!

 

 

 

その点、きちんとしたハンコ屋さんでは
手彫りでハンコを作ります。
同じものを作ることはほぼ不可能です。

特注なのでそこそこ値段はします。
ですが自分にとって大切なハンコになるので、ハンコ屋さんに依頼することをお勧めします。

 

実印を作る時のルール

・直径10.5mm〜24mm以内

・住民基本台帳に登録している名前の文字(漢字)以外で作られていないこと
登録されてる名前がひらがなの人はひらがなを使う

・肩書き(弁護士、会計士など)が入っていないこと

・花などの模様を入れていないこと

などなど…

 

住む自治体によっては上記と異なります。
一度調べておきましょう。

朱肉も所持している方がいいかと思います。
印鑑ケースに付属しているミニ朱肉では、小さすぎてインクをつけにくいです。
100均のものだと滲むので、文具屋などにおいてある朱肉だといいかも。
(私が買ったやつはこれ↓)


 

こえつ
ちなみに実印が欠けてしまうと、
実印を再登録する必要があります
できるだけ耐久性のある素材で作っておきましょう。


私は、強度が最高クラスのチタンで作りました。
2万円近くしましたがね…(泣)

 

事前準備②(印鑑登録証を作ろう)


印鑑登録証明書を取得するためには、
印鑑登録証を取得しておく必要があります。

こちらも市役所窓口で作ってもらえます。
発行手数料は約300円。有効期限はありません。
※15歳未満は発行不可。(2020年10月現在)

 

印鑑登録証があれば、本人、代理人を問わず
誰でも印鑑登録証明書が発行出来ます

ようは、
印鑑証明書を発行するためだけのカードが印鑑登録証というわけですね。
なんだか厳重すぎる…(汗)

 

こえつ
ただし!
申請書に記入した情報(住所、氏名など)が
登録した情報と一致しない場合。
たとえ本人だとしても発行してくれないみたいです。
超厳重!気をつけましょうね。

 

ちなみに、印鑑登録証をマイナンバーカードと紐付けられる自治体もあるそうです。
カードを増やしたくない人には良いかも。

 

 

印鑑登録証明書を取得のまとめ

 

今回は印鑑登録証明書について書きました。

ザっと、おさらいしましょう。

印鑑登録証明書を手に入れるまでの道のり

①実印用のハンコを準備する
②ハンコを印鑑登録(実印に)する
③印鑑登録証を受け取る
④申請書を記入して、印鑑登録証明書を取得する

 

②と③を代理の人が行う場合は、
別の日に証明書を受け取ることになります。

2回も出向くのは面倒かと思うので、
できるだけ本人が②〜④をやりましょう。
問題なければ、その日に受け取れるはずです。

 

脱ハンコの流れで多くの手続きにハンコ不要、
書類もデジタル化が進んでいます。
今後この記事に書いている方法とは違ってくると思うので、変更があれば再び書き直そうと思います。


今回の記事が参考になってくれれば嬉しいです。
今回はここまで。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-相続
-, , ,

© 2022 こえつblog Powered by AFFINGER5