新聞 相続

土地の相続登記のルールが変わるかも?!

2021年2月4日

スポンサーリンク

2/3の新聞の記事から。

土地の相続登記、義務化となるか。

今月2日、不動産登記法の新たな改正案がまとめられた。
これが通れば、以下の事が適用される。

その内容はというと…

ざっくりポイント

土地の相続登記を義務化する。
3年以内に登記しなければ、10万円以下の過料(違反金)を科す。

・相続した土地をの所有権を、
一定条件を満たせば手放すことが可能な制度を新設する。

住民基本台帳ネットワークを使い、
土地の名義人情報(死亡情報)等を把握できるシステムも新たに設置。

遺産分割の期限を10年とし、
それが過ぎれば法定相続割合通りに、自動的に分割される仕組みを設ける。

 

こえつ
こ、これは…
取り上げるべき情報だ!

以前より問題視されている未登記問題に
国が本腰で取り組もうとしているようです!

ここからは私なりに、
この改正案が通ればどうなるのかをまとめてみました。

それでは早速いきましょう!

なぜ改正案を作る必要があるのか?

まず最初に
どうしてこの制度作る必要があるのか?
について説明しておきます。

皆さんの暮らすその土地には
所有者がいますが…それは誰か分かりますか?
こえつ

所有者を明らかにする=登記なのですが…

登記をしていない土地や、
登記したけど所有者が亡くなっている、
もしくは所在が分からなくなっている場合の土地などは
所有者不明の土地』として取り扱います。

(実は我が家にもそういう土地がある…)
こえつ

2016年の時点では、
国土全体の約410万ヘクタールもの土地が所有者不明となっています。

その大きさはなんと
九州(367万8千ヘクタール)をも超える…。

県7つ分以上の土地が所有者不明となっているには何か原因がありそうですが、
土地がその状態だと、どうしてダメなのかをザックリまとめてみました。

 

所有者が不明だとダメなの?

①売却、貸し借りなどの取引きが出来ない。

②管理する者がいない(管理不全)で、
不法投棄されて悪臭の原因になったりと近隣の住民に迷惑がかかる可能性がある。

③②のように放置されれば、劣化により崩れそうな危険な家屋となる可能性も高い。しかし、
撤去するにも所有者が分からないと立ち入ることも出来ない。

 

暮らしのための公共事業を作るにしても
災害復興の工事を進めるにしても
その土地の所有者が分からないとお手上げ状態になるのが現状…という感じでしょうか。

今回の改正案が施行されれば
より良い暮らしを実現出来るかもしれません。

次は改正案が通ったらどうなるのかについて、少しだけ詳しく書いていきます。

 

改正案の内容はこんな感じ

私も過去に相続登記をしたことがあります。

【相続・解約】⑦不動産の相続

今回は不動産の相続について書きます。 不動産とはご存知の通り、所有する『家』や『土地』のことです。故人の名義のまま放置をせずに、できるだけ早めに名義変更をしましょう。 こえつちなみに名義変更することを ...

続きを見る

 

こちらの記事にも書いてあるんですが、
登記自体は難しくないんですよね。

厄介なのは、
相続人同士で話し合って決めること
これが全く…まとまらない&進まない

こえつ
そうして放置されがち…
所有者不明が増加する原因の1つかも。

 

しかし、この改正案が通れば
ほったらかしにしている場合ではなくなると思います。

 

相続があると分かったら3年以内に済ませるべし

『亡くなった方が土地を所有していた』
この事実を知ってから3年以内に相続登記を済ませなければ、10万円以下の過料が科されます。
(刑罰ではない為「罰金」ではなく「過料」と表記。でも大体同じ意味)

 

ただ気になるのは、
この改正案が施行される前に
3年を過ぎているものはどうなるのでしょうかね?

こえつ
すぐに開始するとは思えませんが、改正案が成立すれば役所などから
該当する方達への連絡は行われると思います。
その時は重い腰を上げて取り組みましょう…。

そして、
注意したいのは役所や不動産会社を名乗る詐欺の電話や訪問です!
(99%出現すると思う)

 

むやみに土地の相続が出来ていないことを話すのは危険かもしれませんね。
(考え過ぎかもしれませんが…)

 

住基ネットを活用して相続登記に役立てよう

住民基本台帳ネットワークシステム
通称、住基ネット。

市区町村、都道府県、全国センター、行政機関というお堅いメンツで管理されている。
(守備力が高そう(笑))

取り扱われる情報は
氏名、生年月日、性別、住所
さらには個人番号(マイナンバー)と
住民票コード(10桁の数字)
そして、これらの変更日と変更理由までもを含んだ個人情報てんこ盛り!な情報。

めっちゃ重要やん
こえつ

 

そんな慎重に取り扱いたい住基ネットですが

相続登記の際には
これを使って土地の名義人や死亡情報を
把握出来るようにする予定だそうです。

(と言っても、照会するのは法務局の人)

 

ここから導き出せる答えは、
法務局に直接行くか連絡する事で
相続登記をする必要のある土地が本当にあるかどうかが分かるってこと!

もしも未登記の連絡をもらって
怪しいな、不安だなと思ったら…
法務局に確かめてもらうのが安全策だと思います。

おそらく
生前贈与や、この土地の所有者誰だっけ?
って時にも活用出来ると思うので
法務局で確認が取れるって情報は頭の隅に置いているといいかもしれませんね!
(あくまで改正されたらの話ですが…)

 

遺産分割期限を10年に変更

さっき書いた通り、相続登記の面倒な部分は
話がまとまらない、進まないことで
なかなか相続出来ないという点。

遺産分割も3通りほどあるのですが、

独り占めの現物分割
お金がないと出来ない代償分割
売れないと始まらない換価分割

と、どれを選んでも面倒くさそう。

こえつ
田舎の方の土地だと売れないこともあって
難易度も上がり、
そのまま放置されることも多いんだとか。
実際に田舎に行くと、空き家まみれになっている光景を見ました。

 

いつまでも相続登記を先延ばしにしていると
相続人が増えてしまって大混乱に(苦笑)

とくに、団塊の世代と呼ばれる方達は
ベビーラッシュ時に生まれたこともあって現役世代よりも血縁関係者が多いと予測されます。


彼ら彼女らが仮に土地を所有していて
それを誰にも譲ることなく亡くなってしまったら…

相続人全員に声をかけて
話し合って書類を用意して
相続放棄するかどうかの確認もとって…………

 

…パニック間違いなし!!

 

この状況を見兼ねて、
遺産分割に10年という期限を設けようという話が(改正案の中に)浮上しました。

つまり話し合いが進まなくても
10年経過すれば自動的に法定割合通りに分割されるという事ですね。あらまぁ楽ちん。

こえつ
ズボラな性格にはもってこいな良い改正案ですね!!
しかしデメリットがあるんじゃないの?

そもそもどうやって分割する気なのかが気になるところではあります。

例えば現物分割であれば
代表者1人がその土地を相続することになります。

代償分割であれば、
代表者1人がその土地をもらう代わりに
その土地の価格分相当のお金を一括で用意して、他の相続人に渡す必要があります。

換価分割であれば、
他人が土地を買い取り、そのお金を相続人で分割しますが…誰が買い取るんだ?
(国が買い取るのかな??)

こえつ
まだ全体が把握出来ていないので
これ以上書くのはやめておきますが
新たなルール(第4の分割方法)が決まった時にはこのような形で発信しようと思います。

 

相続した土地を手放す制度の新設

相続で土地を手にしたものの
活用することも、ましてや売ることも出来ず
固定資産税だけを支払うなんて…嫌ですよね。

管理もしないと近隣住民から苦情を入れられるかもしれませんし…なんだかんだで手間がかかる土地もあるとは思います。

 

そんな不要に感じる土地を
国に返す(手放す)制度を新設することも視野に入れてるようです。

ただこれには条件があって…

①更地であること
②担保に入っていないこと
③土壌汚染がないこと

…などなど。

こえつ
更地…ってことは、
家が建っていたら解体をお願いしないといけませんね

解体費を支払い、なおかつ土地を手放す
=1円にもならないってことでOK??むしろマイナス?

しかもそれに追加で
申請者は10年分の管理費用相当額を納める必要があるとか書いてました…嘘だろ承太郎

管理費っていうのは固定資産税のこと?
どちらにせよ、
お金がかかるのは変わりない。あんまりだ…

 

まとめ

今回は2/3の新聞記事より
土地の相続登記ルールが変わるかもしれないという内容で記事を書きました。

今回の内容を簡単に押さえるなら

土地の相続登記の義務化
(所有者は誰かはっきりさせる必要がある)
土地を国に返す(手放す)時はお金がかかる

ここだけでいいと思います。
(まだ改正案が通っていませんし)

 

『登記』と聞いても
ピンと来ない人もいるとは思うのですが、
一度調べてみることをお勧めします。

 

というか、この改正案が通るようなら
よほどの土地でない限り
所有したいと思わないと感じるんですけど…

 

確かに所有者がはっきりすれば、着手出来なかった工事を進めることも出来ますし
それで暮らしやすい街になれば幸せです。

しかし
少子高齢化社会の昨今、
自分の持つ土地の将来性について、今一度考え直す必要があるかもしれません。

将来、我が子にその土地を譲るのか?
それとも売却するのか?
売却することは可能な土地なのか?

 

父は5年後に田舎(実家)に暮らすのだと言って
私たち(家族)を無視して勝手に相続をしていました。
しかし当の本人は半年後に亡くなってしまい、広い田舎の土地だけが残りました。
しかも厄介な形で…(汗)

詳しくは別の機会でお話ししますが、
土地を購入・相続する人は
よく考え、話し合ってからの方がいいと思います。本当に。

こえつ

 

最後愚痴っぽくなってしまいましたが
この件に関しては引き続き追っていきます。

今回はここまで。ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-新聞, 相続
-, ,

© 2022 こえつblog Powered by AFFINGER5