相続

父が亡くなる前に行動したこと(手続き編)

2020年9月24日

スポンサーリンク

今回はラジオ版があります。
タップすれば音が鳴ります

 

2020年6月、ガンによって父は亡くなりました。
余命宣告から3ヶ月のことです。

この3ヶ月間は、
自分にできることは何かあるだろうか
と毎日のように考え、少しずつ動いていました。

 

今回も前回の記事と同じく、
父(世帯主)が亡くなるまでにやっておいたことを書きます。
正しい選択であったかは分かりませんが、今回の記事が同じような境遇の方の役に立てれば幸いです。

 

ちなみに前回の記事はこちら↓

 

父が亡くなる前に行動したこと(葬儀編)

今回はラジオ版もあります。※タップすれば音が鳴ります↓ ガン宣告から3ヶ月、あの世へ旅立った父。 この3ヶ月は今まで経験したことないほどに、家族全員が苦しい時間を過ごしたと思います。病気で苦しんでいる ...

続きを見る

 

 

 

名義変更とセットで見直しする

 

 

 

世帯主を主語にして書きますが、
余命の短い方が名義人であるものは、早めに名義を変更しておきたいと思います。

今回はこの名義変更のついでに
見直しもやっておくと良いよ!という話です。

 

こえつ
ぶっちゃけ見直しって
何かが起こらないとやらないよね…

 

今回見直ししたのは以下2点。

①光熱費
②健康保険

 

光熱費

 

私は実家暮らしなので、光熱費の名義は全て世帯主である父の名前でした。

しかし、父の寿命は長くない。
近いうち変更しなければならないことは確実。

 

こえつ
それなら、先に変更しておこう!

 

 

というわけで、名義変更の準備。
変更後は新たな世帯主となった母の名前。

 




もしも名義変更後に父が回復したら無駄になるか、と言われるとそんなことはない。
名義を変えただけではとくに問題はないです。
仮に不便があるなら戻せばいいですし。


こえつ
亡くなった後にやるよりかは、楽だと思います。


 

 

見直しはやっておこう!

 

名義変更のタイミングで、見直しもやりました。

 

 

 

結果から言うと、見直しのおかげで
不要なお金を支払っていたことに気がつきました
ものすごくショックでした…。

 

 

それはなにかと言うと、
解約はとっくに済んでいるだろうと思い込んでいたネット代金

3年前から使用しておらず、借りていたルーターも返却したけれど解約されていなかったのです。
そして悲しいことに、返金されない。

 

こえつ
oh…
もっと早く気づいていれば…。

 

他にも割高なガス会社と契約していたり
(相談先のガス協会にズバッと言われた)、
電気代は「スマホとセットでお得!」と謳うものを選んでいたけど、別にそんなにことは無かったり。

あれよあれよと見直ししていくと…
年間で10万円以上も節約できました。
10万?そんなバナナ

 

そんなバナナ…。

 

 

見直しはやっておきましょう。ほんとに。

 

 

支払い方法も見直ししておく

 

親が支払い人になっていれば
支払い方法の変更も必要かもしれません。

 

ちなみに我が家は母が全て管理していました。
母1人に負担をかけていた…と反省。

銀行やコンビニへ走らなくて済むよう、私のクレジットカードで支払う形にしました。
カードにポイントがつくし、
私も支払いを把握をするので、不要な支払いがないかもチェック出来ます。

 

 

ちょっとした、親孝行(?)かしら。

 

 

健康保険証

 

私は父とおなじ保険に加入していました。
が、
父の死後、保険証を返納しなければいけません

こえつ
身分証として何度も利用しているので 無いと困る…。

 

なんとかならないかと調べたところ、
健康保険加入者の扶養に入る方法を見つけました!

 

兄の扶養に入る

 

 

父も加入していた国民健康保険にはないサービス、それが『扶養』制度。

扶養に入った人は、無料で保険証を持てる
この時までは全く知らない情報でした。
(もっと早く知りたかったな〜)

手続きは難しくなく、(2021年現在では)年収が130万円未満であれば扶養に入れます。

 


こえつ
私の場合、その年から働き始めたので
【今月の給料】×12ヶ月で出た数字を書きました。
大雑把でも審査は通ったよ!

 

この手続きに問題があるとすれば、保険証の交付までに時間がかかることです。
その間、なんと2週間。長い。

しかし、交付されるまでの間は今持っている保険証を使えば良いので病院も歯医者も怖くありません。
きちんと(現役世代なら)3割負担で済みます。


扶養のデメリットを上げるなら、
年収をコントロールしないといけないこと。たくさん稼ぎたい人には向いてない。

 

 

まとめ

 

『父が亡くなるまでにやっておいたこと』で
手続きについて2つ紹介しました。


まず1つ目、光熱費の見直しと名義変更
亡くなった人の名義のままではダメです。
変更するついでに、光熱費の見直しもやっておくと良いことがあるかも??

 

こえつ
子供が率先して調べることで
親を助ける(孝行)が出来るかも?



そして2つ目、保険証の切り替え
父とおなじ保険に加入していたので、先に切り替えをしておきました。
新しい保険証は届くのに時間がかかるので、
保険証を利用する頻度の多い人はなるべく早めにやっておくと良いかもしれません。

 

こえつ
健康保険のみですが、
扶養に入れたら無料で保険証を発行できます。
年収の制限(130万円)があるけれど、
可能であればぜひ活用しましょう。

 

 

この記事が誰かのお役に立てれば嬉しいです。
今回はここまで、ありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

-相続
-, , ,

© 2022 こえつblog Powered by AFFINGER5