日記

覚えてもらえるための努力

スポンサーリンク

昨日収録したラジオトークの内容が個人的に良いものだったのでブログにも書きます。
良かったら聞いてね!

タップしたら音が鳴ります(↓)

 

トーク内では主にこの3つを話しました。↓

 

  1. 一方的に話すのは嫌われるが、音声配信だと許される
  2. どんなに過去の配信でも、聞く人は現れる
  3. 発信頻度が少ないと覚えてもらえにくい

 

①一方的に話したければ音声配信を使おう!

 

最近は空き家問題について勉強中の私。
(相続の記事を書くためにも!)

我が家にとっても他人事ではない話なので、勉強したことを家の人にも聞いてもらいました。

 

しかし、聞いてくれていたのは最初のうちだけ。
最終的にはスマホをいじり、私の力説は右から左へ。

 

む…無視されてしまった…(ガーン)
こえつ

流石にカチンときて怒ってしまいそうになったのですが、
最近読んだ『雑談がおもしろい人 つまらない人』と言う本の内容を思い出しました。


そこに書かれていたのは
会話は卓球と同じ。ラリーが大切』と言うこと。

つまり、“互いに話す=ラリー”をせずに
一方的に話す=スマッシュ”をずっとしている状態。それじゃあ、相手を疲れさせてしまいますね

気付けて良かった。反省反省。
こえつ

 

このように『一方的に話す』のは嫌われますが、
ラジオ配信ならむしろ一方的に話すしかない環境!!

つまりは一方的に語りたいことがあるのなら、
音声配信を使ってしまうのは大アリです!!

 

毎回ひたすらスマホ(マイク)に向かって話しかける私。

 

最初のうちは恥ずかしさが勝ってうまく話せないかもしれません。
この対策は「回数を積めば慣れる」のみ。何度もチャレンジして克服するっきゃない!

そして一方的に話すことが許されたこの環境で、話すことによって気持ち良くなりましょう!(笑)

 

 

②今リアクションがなくても消さず落ち込まず!

 

ラジオ配信によっては形態が異なりますが、
私も使う『ラジオトーク』には“いいね!”の代わりである『リアクション機能』がついています。

 

初めの頃は数回頂いたことがありますが、ここ数ヶ月はゼロ。ノーリアクションです。

 

ちなみに『アナリティスク』より視聴回数を知ることも出来ますが、
ここ1ヶ月は誰も聞いていないことがわかりました。

………おぅ。
こえつ

 

何度か落ち込んだこともありますが、トーク一覧を見ての通り私は『週1配信』をやめていません。
リアクションのない配信でも消さずに残してあります。最初の頃の下手くそな配信も。

 

その理由は…ラジオトークに『検索機能』があるから!!

 

例えば自分の悩みや興味のあることを検索すれば、そのことについて過去に話している人がいるかもしれませんよね。
しかしそれは最新の配信とは限りません。
それは一年以上も前のものかもしれません。

現に私は一年以上前の配信も聞いて、良いと思ったものにはリアクションを送ります。
こえつ

 

今リアクションも視聴もゼロの状態だとしても、それはいつの日か誰かの元に届くかもしれません。
だからこそ消さず、落ち込まずでOKじゃん!と私は思っています。

 

 

③やっぱり数がものを言う

 

さっきも書いた『検索機能』。
ラジオトークだけに限らず、他の音声配信やSNSなどにも多くの人が利用する機能だと思います。

ラジオトークなら、例えば検索結果内で
過去に聞いたこと見かけたことのある人がいたら…なんか親近感湧きません?
そうしたら、結果内からその人のものを選んで聞こうと思いませんか?(少なくとも私はそう)

 

ここで言いたいのは、
検索結果などで何度も発見する人は発信している量が多いはず、ってこと。

つまりは数がものを言う。

 

興味を持ってもらえる(自分を知ってもらう)チャンスを作るには1番大事!
こえつ

 

興味を持った人が現在も定期的に発信をしていたら、なんだか嬉しいですよね。
それとは逆に、もう何年も更新が途絶えていたら…。興味はすぐになくなるかもしれません。非常にもったいない!!

 

もちろん続けることは大変なのは分かります。
しかし、興味を持ってもらいたいのなら数を増やす。増やすには発信を続ける。これに尽きます。

 

まとめ

今回は発信をしていて学んだ3つのこと

  1. 一方的に話すのは嫌われるが、音声配信だと許される
  2. どんなに過去の配信でも、聞く人は現れる
  3. 発信頻度が少ないと覚えてもらえにくい

について記事にしました。

 

こんな内容を書いてる私はヒヨッコ状態ですが、
1人でも多くの人に知ってもらえることを目指して…自分を奮い立たせるためにこの記事を残します。

ちなみに今回紹介した書籍はかなりオススメです。
リンクを貼っておきます。

 


この書籍の感想を過去に配信していますので
気になる方はぜひ聞いてみてくださいね!

今回はここまで。ありがとうございました!

スポンサーリンク

-日記
-, ,

© 2022 こえつblog Powered by AFFINGER5