役立ち

こえつ学習室3/『介護施設の違い』について(後編)

2021年1月29日

スポンサーリンク

前回に引き続き、
介護施設の違いについて書いていきます。

以下が前回の内容になっていますので
よろしければ合わせてお読みください。

合わせて読みたい
こえつ学習室3/『介護施設の違い』について(前編)

今回は『介護施設の違い』についての学習記事を書いていきます。   実はこれを書くきっかけが前回のよりぬき新聞で紹介した記事内で「施設の違いが分からない」と答える方が多いことを知ったからです。     ...

続きを見る

 

それでは早速いきましょう。

介護施設は主に10種類

介護施設はざっくり10種類。
介護が必要となればこの中から選択することになると思います。

施設の種類一覧

(A)シニア向け分譲マンション
(B)サービス付き高齢者向け住宅
(C)住宅型有料老人ホーム
(D)軽費老人ホーム(A型・B型)
(E)ケアハウス


(F)特別養護老人ホーム
(G)グループホーム
(H)介護付き有料老人ホーム
(I)介護療養型医療施設
(J)介護老人保険施設

前回は
(A)〜(E)の5つを解説していきました。
残りの5つを順番に解説していきます。
こえつ

今回は主に介護度が重度の方、
医療が必要な方に焦点を当てていきます。

 

(F)特別養護老人ホーム

こちらは介護がメインの施設です。
省略したら「特養(とくよう)」。

認知症を患っていたり、
寝たきりの方にも対応しています。

逆に言えば、
介護度の軽い方は入居できません。

 

こえつ
24時間体制での手厚い介護を受けられ、
亡くまるまでの一生をこの施設で過ごすことが可能です。

 

ポイント

・入居条件は要介護度3以上から
・在宅介護が難しい方からは人気の施設(その為なかなか入居出来ないのが難点)
・24時間体制での手厚い介護サービス
終身の入居が可能

 

(G)グループホーム

こちらは認知症の方が対象
「認知症対応型共同生活介護」
という呼ばれ方もされます。

姉ちゃん
そわそわ…

姉が勤めている施設が
このグループホームです。

というわけで解説を譲ります。

姉ちゃん
!!(嬉しそうな顔)


姉ちゃん
グループホームは認知症の方5〜9人を1グループとして、共同生活をする場です。
私の勤めている施設では認知症ではない方も入居していますが。


共同…
じゃあプライバシーとか無いの?
こえつ

姉ちゃん
いいや、個室を使えるよ
だから入居当初には部屋に閉じこもってしまう利用者もいたんだよね。


立て篭もり事件か…
こえつ


姉ちゃん
いや…そんな
大袈裟なものじゃないから。
入居当初は大体の利用者は「帰りたい」って言うよ。
そりゃ、慣れない環境に身を置くことになるから怖いと思う。タクシーで帰ろうとする人もいたし。

でもそんな利用者も今は「帰りたくない」って言うようになったかなぁ。
共同生活なのもあって、利用者同士で仲良しになる場合もあるからね。

 

話を聞けば聞くほど、
幼稚園に連れて行かれた当初「帰りたい」と嘆いていた自分が
園内に慣れていき友達が出来て、平気になっていった自分を思い出しました。
なんの話やねん

 

認知症は日々進行していきますが
その中身は単に物忘れだけではなく
子供の頃に帰るのかなと思います。
(姉曰く、子供のように憎らしく、可愛らしい一面があるとのこと)

 

 

姉ちゃん
認知症を患っていても
進行速度を緩やかにする為に
レクリエーションやリハビリもやっています。
施設によっては掃除や調理にも挑戦してもらっている場合もあるので、一度調べてみることをお勧めします。

認知症を患っていたら
入居先は本人が決められないことが多いと思います。
判断ができるうちから決めておくのも大事なので、これを機会に調べてみるのも良いかもしれませんね!

 

ポイント

・認知症と判断された方が対象
・少人数での共同生活を行う
・認知症の緩和に向けてレクリエーションなどを頻繁におこなう
・施設と同一地域内に住民票がある方のみ入居可能
(つまり別の市区町村に住んでる人はNG)
・基本、医療ケアは無い。必要であれば別途支払って訪問看護を受けたり、通院する。

 

(H)介護付き有料老人ホーム

こちらは有料老人ホームの
介護付き」版です。
(前回の記事では住宅型を解説)

有料老人ホームの中でも、都道府県から
「特定施設」の指定を受けた老人ホームで
あらゆる基準をクリアしている優秀な施設がこの『介護付き』を名乗ることが出来ます。

こえつ
頭に『介護付き』がつくだけと思うなかれってことね。施設選びの参考にしよう!

 

(F)特別養護老人ホームと同じく、
亡くなるまでの一生を過ごすことも可能。

特養との違いを挙げるなら、
介護度が軽い人も入居可能という点。

こえつ
サービス内容や個室のグレード、スタッフ人員などなど…
同じ介護付き有料老人ホームでも、ホームによって料金や入居条件は様々。
自分に合った場所を選べるというメリットでもありますが、検討している施設は問い合わせてみるのが一番良いと思います。


ポイント

・24時間の介護サービスが受けられる
・住宅型とは異なり、どれだけ介護サービスを受けても料金は変わらない
(逆に言えばサービスを受けなくても、定額制の介護費用を支払う必要がある)
・ホームによるが、介護度が軽い人〜重い人までの受け入れが可能
・原則、終身利用が可能

 

(I)介護療養型医療施設(※)

こちらはその名の通り
医療にもしっかり対応している施設です。
もちろん介護サービスも受けられます。

特養と同じく、
介護度が軽い方は基本入居がしづらいです。
あえて特養との違いを挙げるなら

医療(リハビリ)がメイン
レクリエーション(娯楽)が少ない
終身利用は約束されていない

…とまぁ、味気ないかもしれないですが
あくまで入院生活、ということですね。

こえつ
しかし医療が充実しているというのは、
糖尿病や高血圧などの持病のある方
定期的に通院が必要な方にとっては良い環境かもしれません。
容態が悪化した場合は、一般病棟へ移されることもないので環境の変化を望まない人からしたら安心ですね

 

ポイント

・医師が常駐している
・いつでも医療ケアを受けられる
・レクリエーションは少ない
・基本は相部屋で設備も共同での利用

と、ここまで書きましたが
ここで一つ大事な補足

姉ちゃん
実は2024年3月末に
廃止が決まってるんよ
………え??
こえつ


姉ちゃん
廃止と言っても『介護医療院』という名前の施設に変わるだけなんやけどね。
もちろん中身も変わるとは思うけど


介護医療院についてはざっくり書くと

2018年の介護保険改正に伴って新設
・長期的な医療と介護が必要な人が対象
・大体は介護療養型医療施設と同じ

(…ほんまに名前短くなっただけやん)
こえつ


今後新たな違いを発表することも考えられるので
その時はまた記事にしていこうと思います。

ちなみに2021年の介護保険改正では
保険料の値上げを公表していました。
(…今の状況なら仕方ないのか)

 

(J)介護老人保健施設

縮めて「老健ろうけん」。

一般の病院から退院したあと、
介護(リハビリ)が必要な場合に利用できる施設です。

一応、食事や排泄の手助けなどの
介護サービスを受けることは可能です。
しかし、
あくまで利用者の在宅復帰を目的としていて
長期の入居は出来ません。

姉ちゃん
原則3ヶ月(90日)かな
一般の病院でも90日超えないよう
退院・転院となることが多いのね。
病院側にも理由があるんだけど…それは今回の話の趣旨から逸れてしまうので割愛するよ。
こえつ

 

ポイント

・医療ケアとリハビリを中心とした施設
・在宅復帰を目的としているので、最長90日しか入居できない
・短期間の利用(ショートステイ)やリハビリのために通うことも可能

 

まとめ

今回は介護度が重い方でも利用可能な施設を中心に解説しました。

介護施設を選ぶ時のポイントは

・要介護度が重いか(介護が必要か)
・金銭的な余裕があるかどうか
・医療が必要かどうか

人との触れ合いを求める方ならば
共同スペースがあったり、
レクリエーションが充実している施設を選ぶのも良いかもしれませんね。

姉ちゃん
これは一個人の意見ですが
要介護認定を受けたからといって、
いきなり介護施設へ入るのに抵抗感がある人は多いと思います。

そんな時は
通所介護から始めてみると、ハードルも下がって良いと思いますよ。

 

色々な選択肢があるので
自分の希望に近いものを選びたいですよね。

今後親に介護が必要になった時に
一緒に選べるようこれからも学んでいきます。

 

この記事が参考になれば嬉しいです。

今回はここまで。ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-役立ち
-,

© 2022 こえつblog Powered by AFFINGER5